CAT-Ⅲa

CAT-Ⅲa ・・・ 猫ではありません(笑)

高度計器着陸装置の事で、地上から200m以上の視界距離があれば、
航空機を自動操縦により安全に着陸できます。
(細かくは色々条件がありますが、省略します。)

っで、CAT-Ⅲa とはコレ!(場所的に下からしか撮れない・・・)

e0295041_2230823.jpg


前にも書きましたが、広島空港は、標高330mの山間部に位置することから、
季節によっては濃霧や悪天候による欠航・着陸地変更が多く発生してました。

そこで、高度計器着陸装置が付けられたのですが、装置を据える土地がなく
人工地盤で構築しています。(この 網状の上に装置があります。)

ちなみに広島空港の他、全国でCATⅢa以上の運用が採用されている空港は、
青森空港、成田国際空港、中部国際空港、熊本空港、釧路空港の計6空港だけです。
[PR]

by hajipon-photo | 2012-10-16 22:55